収納庫のDIYの強い見方。それがアジャスター調整機能です。

0120-085-522

ホーム > アジャスターって何?

アジャスターって何?

アジャスターとは

アジャスターとは地面が水平ではない場所(例:コンクリート、アスファルトの上など)に物置を設置する時に活躍する機能です。

我々タクボ物置専門店として一押しするのがこの機能です。非常に素晴らしい機能がついています。

水平でない場所にそのままブロックを置き、物置を組み立てると、扉がうまく開閉しない、鍵がかからない、などの不具合が生じる原因となります。通常の物置は「モルタル調整」を行い、ブロックを水平にする必要がございます。

モルタル調整は上の写真のような工事です。一般の方には難しい工事ですよ。

その手間をなくし、簡単に水平になるようにする機能が「アジャスター機能」です。

物置の中にあるネジを付属のスパナで回す事で、最大32mmまで上げる事が可能です。下の写真のように、物置の下から足が出てきて、物置の高さを微調整します。

この機能はグランプレステージ(小型物置)に装備されており、DIYで物置を組み立てたいお父さんの強い味方となっています。

職人さんもこの機能が付いたことにより、施工性がよくなり、タクボの工事を優先的やりたがるようになりました。

では地面が土の場合はどうすればいいのでしょうか?

タクボ物置専門店としては地面の土を水平に鳴らしていただくのが一番だと思っております。

画像で見ていただくように右写真のようにスパナを使い「くるくる」回すと左写真のように台座が降りてきます。最長32mm程度まで降りてきますので敷地に合わせ「くるくる」回して調整をします。

アジャスター機能がついた物置を確認したい!

アジャスター機能を確認したところで、アジャスター機能のついた物置を確認したいと思いませんか。

タクボ物置では、グランプレステージ ジャンプ(GPシリーズ)が、アジャスター機能のついた収納庫となります。

商品のサイズや価格を確認したい方は、こちらのバナーから、商品の特徴から価格までをチェック出来ますよ。


PAGE TOP